ページの先頭です

お知らせ

視覚障害サポート・盲導犬受け入れセミナーを開催 2019/01/15

2002年に施行された身体障害者補助犬法では、盲導犬・介助犬・聴導犬といった補助犬の同伴の受け入れをあらゆる施設で義務づけています。当院でも以前より補助犬の受け入れを行っていますが、医療機関の中には感染管理などの問題から補助犬の受け入れをためらう施設もあるといいます。

そこで、12月11日(火)『医療者向け視覚障害サポート・盲導犬受け入れセミナー』を行いました。亀田グループの医療・介護従事者ほか、院内サービス施設のスタッフ60人が受講し、視覚障害サポートのあり方や補助犬への理解を深めました。

セミナーの前半では、公益財団法人「日本盲導犬協会」普及推進部リーダーの安保美佳さま、同神奈川訓練センター センター長の山口義之さまより盲導犬に関する基礎知識から衛生面や排泄の問題まで実演を交えて幅広く教えていただきました。後半では、盲導犬ユーザーで視覚障害を持つ碇谷純子さまより病院にかかった際に「困ったな」と感じた事などを具体的な事例を挙げてお話しいただきました。

セミナーを終え、受講者からは「これからは盲導犬を連れた方にきちんと対応できると思う」「視覚障がいを持つ方への声掛けのコツが分かった。次は自信を持って声掛けをしたい」などの感想が聞かれました。

  • (注)盲導犬のハーネスを外し、特別な許可をいただき犬に触れています。仕事中の盲導犬には触らないようにしてください

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. ニュース・プレスリリース
  4. 視覚障害サポート・盲導犬受け入れセミナーを開催