ページの先頭です

お知らせ

クリニック館内での転倒事故にご注意を 2018/11/01

  • 患者さま向け

亀田クリニック館内で患者さまの転倒事故が発生しています。2017年度は来院者75万3,929人のうち、91人が受診時に転倒。そのうち54人が70歳以上の高齢者で、残念ながら6人が骨折などのケガをされてしまいました。

転倒の多い場所は、玄関や立体駐車場、エスカレーターです。特に雨の日は床が滑りやすいため、例えば松葉杖の方は車椅子を利用するようにするなど、ご注意ください。また歩きながらのスマートフォン操作(歩きスマホ)は、周囲への注意力が低下し大変危険です。自分自身がケガをするだけではなく、他人をケガさせてしまう事もあるため、歩きスマホはやめましょう。その他、診察待合室では立ち上がった直後によろけて転倒するケースが多くみられます。診察に呼ばれても慌てる必要はありません。長く座っていた後は思うように足が動かない事がありますので、立ち上がる前に足の曲げ伸ばし運動、立ち上がったら伸びと足踏みをしてから歩き出すようにしましょう。

また転倒を防ぐには、ご自身の転倒リスクを知っておくことが大切です。次の設問で「はい」と回答したものの合計が5点以上になった方は転倒の危険性が高いと考えられます。館内では階段やエスカレーターの利用は避け、エレベーターをご利用ください。

設問 点数
よく物忘れをして困っている 2点
歩くとき、杖や歩行器など補助具を使用している 2点
過去12か月以内に転んだことがある 3点
睡眠剤や安定剤を服用している 1点
トイレの回数が多い(日中8回以上、夜間2回以上) 1点
目が見えにくく、日常生活が不自由である 1点
合計   点
  1. HOME
  2. お知らせ
  3. ニュース・プレスリリース
  4. クリニック館内での転倒事故にご注意を