ページの先頭です

お知らせ

麻しん(はしか)はワクチン接種で予防を! 2019/03/01

  • 患者さま向け

全国的に、「麻しん(はしか)」の感染が拡大しています。麻しんは感染すると10~12日後に発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。2~3日熱が続いた後、39℃以上の高熱と発疹が出現します。

最初の症状が出てから、7~10日程度でよくなってきますが、肺炎、中耳炎を合併しやすく、患者1,000人に1人の割合で脳炎が発症すると言われています。

麻しんは感染力が強く、空気感染をするので、手洗い・マスクのみで予防できません。母子手帳を確認の上、未接種の方はワクチン接種で予防しましょう。

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. ニュース・プレスリリース
  4. 麻しん(はしか)はワクチン接種で予防を!